2018年11月20日

オリジナきものが出来上がりました。

当店が東京と京都の工房に注文した特注品が、出来上がり早速、店内に飾ってみました。
こちらの商品を紹介してみますと付下げは、東京染めの代表作でもある大洋居の暖簾分けをした大松工房で染め上げた当店自慢の付下げ訪問着で、着る場が格調高く華やかな雰囲気をかもしだす逸品となっています。
袋帯は、定番の川島織物の代表作で、都内のデパートなどが、こぞって扱う気品あふれる袋帯です。
IMG_7007
IMG_7008
下の段の小紋ですが、もうひとつ画像が良くなく分かりづらいですが、現物はとてもお洒落で可愛らしい小紋です。
今回は、さくら色と薄い黄檗色の2反を発注して、満足のいく出来ばえに安堵しています。
自店で何処にもない商品を揃えて、ご満足していただくため常に前向きに努力をいたしております。

kimonomaster at 15:05│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
店主敬白
三坂功
埼玉県戸田市で呉服屋「三京」を経営しています。和をあなたの魅力にするそんな着物と着こなし方をお届けします。
月別記事一覧