2018年02月17日

これから歌舞伎座まで


こらから歌舞伎座に出かけるとのことで、わざわざきもの姿を見せに来店してくださいました。
こちらの着物は、もちろん当店自慢のフランス更紗無地染の着物に京都の染工房で染め上げた小紋羽織を着て、バッチリ決めて、これから歌舞伎座に向かうそうです。
こちらのお客様は、歌舞伎が大好きな素敵な方で、月に二回歌舞伎座に通う日本文化をこよなく愛する笑顔が素敵なお客様でした。


kimonomaster at 14:51│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
店主敬白
三坂功
埼玉県戸田市で呉服屋「三京」を経営しています。和をあなたの魅力にするそんな着物と着こなし方をお届けします。
月別記事一覧