2015年02月26日

本物へのこだわり東京手描き友禅


三京では、お客様の希望にお応えた古典柄を基調高い本格派のきものを制作しました。こちらのきものは、フォーマルな席のほか、歌舞伎やコンサートなとに出掛ける時に着られる幅広く使用できる付け下げです。袋帯は、京都西陣唐織となっています。
春の卒業式や入学式などにも最適なきものです。

kimonomaster at 15:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
店主敬白
三坂功
埼玉県戸田市で呉服屋「三京」を経営しています。和をあなたの魅力にするそんな着物と着こなし方をお届けします。
月別記事一覧