2009年01月17日

復活するか養蚕農家

9e0b4169.jpg
日本の養蚕業が消えてなくなると題して記事になっていました。生糸は日本の近代化を支えてきた業界でしたが、安い外国産が増え、養蚕農家は激減しました。近年は高齢化も進み歯止めはかからず、新たな試みが財団法人「大日本蚕糸会」によって試されます。内容ですが養蚕農家で見習いをした後、独立しようという人が対象で桑畑や蚕室を作る費用などえを最大8割助成する。製糸、機織りをやってみたいという農家後継者に簡易な機器の購入費も出す。ところで最近は、クモの遺伝子を使った伸縮性の高い「スパイダーシルク」や「銀河シルク」など今も日本では新技術、新製品が生まれています。バイオ材料としての期待も高まりつっあります。皆さま伝統産業を守るためにも着物やシルクを日常に使用してみてください。又就職難の今、生糸の復活事業にチャレンジしてみては如何ですか。

kimonomaster at 09:48│Comments(0)TrackBack(0)携帯から 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
店主敬白
三坂功
埼玉県戸田市で呉服屋「三京」を経営しています。和をあなたの魅力にするそんな着物と着こなし方をお届けします。
月別記事一覧