2008年04月

2008年04月17日

今でも木製の織機で織っています。

紬の機織

春まだ遠い雪国では、山菜ができるまで機織に専念しながら春を待ちます。反物を織り上げるには、糸だしから糸染めそして織り上げるまで約一ヶ月かかります。そんな着物には、織った人の思いがこもっていてそれは、素晴らしい出来上がりになります。

手織り紬がなぜ高いのかお分かりいただけると思います。近年は時給の良いアルバイトですぐにお金が稼げますが、お金で換算できない物が着物世界には、沢山存在します。スピード時代ですが、スローライフの良さも見直してください。


2008年04月16日

夜桜でなく花水木をみながら散策をしています。

912936ba.jpg

戸田市内は、この時期になると花水木が綺麗に咲き乱れています。

しかし花水木は、(がく)が花のように見えるのだそうです。


2008年04月15日

愛犬ダンを思い出します。

愛犬ダン

昨年9月に亡くなった愛犬ダンを偲びながら、お母さんが製作しました。本当にダンが思い出されるようなアレンジフラワーです。

お母さんにとって子供以上に大事に育てた愛犬ダンでした。これを見て又思い出しては、涙を流しています。動物は悩みが多い人間を本当に癒してくれます。

 


2008年04月13日

きもの三京は糸から厳選しています。

買い付けの旅

三京は、糸からこだわります。

今回の買い付けで、当店オリジナル性を高めるために糸からこだわってみました。糸は群馬産で赤城山の麓で紡ぎ染料は、自然の木々や木の実で染め上げ、化学染料では、でない色鮮やかな糸でじっくりと手間をかけて織り上げた着物がまもなく出来上がります。

写真をクリックして拡大してみてください糸の色目が、良くわかります。

雪国の里、十日町での買い付け

買い付けの旅

新潟 十日町での買い付けの報告ですが、昔はこの街は機を織る女工さんで賑わっていましたが、時代と共に着物需要が減少して人口も産業も衰退して何か寂しい気持ちになりました。しかし、いつの時代でも本物は残ります。現在の工房では素敵な着物を沢山製作販売していました。元気な活力溢れた工房を回りお客様に喜ばれる着物を買い付けをして帰りました。写真は柄選びをしている息子です。

買い付けの旅

昼に、十日町で有名な(へぎそば)を頂きました。とても喉ごしが良くいくらでも食べられる美味しいそばです。是非一度ご賞味して下さい。


2008年04月12日

戸田笹目幼稚園入園おめでとうございます。

入園式
戸田笹目幼稚園入園おめでとうございます。

記念写真を撮るために、お母様が綺麗に着物を着ました。お嬢様は小学校でご子息さまは、この度道徳に特に力を入れています笹目幼稚園にご入園されたとのことでした。

これから沢山の出来事があるかと思いますが家族の絆を大切にして良いお子様に育ててください。心からお祝い申し上げます。

2008年04月10日

越後湯沢からほくほく線に乗り換え十日町に向かっています。

4ddf392b.jpg

今日は、雪国の里十日町に買い付けにきています。ローカル線での電車旅は格別です。

今回の買い付けの報告は後日させていただきます。

2008年04月09日

雨なのに娘さんのために着物をお召しになりました

昨日は戸田市を含め各地区の小学校で入学式がありました。

ところが、天候はあいにくの雨。それも警報がでるくらいの大雨でした。

着物で入学式に出席

当店でも着付けのキャンセルがあった中、このお客様は娘さんの晴れ舞台を和服でお祝いしたいとの思いから、雨天を押して来店され、綺麗に着付けなさいました。

娘さんを想う母親の気持ち、きっと伝わることでしょう。


来年いよいよ還暦を迎えます。

89c2d401.jpg

田舎に帰省したときに息子や甥から,ひと足早くお祝いをしてくれた時に頂いた記念品です。

上の段がいさおになっております。心のこもった額に感動しました。


2008年04月08日

ご子息の晴れ舞台

息子の晴れ姿


本日はご子息様の結婚式誠におめでとうございます。


天気も小春日和で思い出に残る晴れ舞台になるでしょう。お母様もとてもお着物がお似合いで今日一日頑張ってください。


店主敬白
三坂功
埼玉県戸田市で呉服屋「三京」を経営しています。和をあなたの魅力にするそんな着物と着こなし方をお届けします。
月別記事一覧