2006年07月

2006年07月04日

きものはドレスである

5f3072c2.jpgあえて、〈きものはドレスである〉と言ってしまおう。かけがえのない伝統の重さをしったうえで…。今、きものはフロアーの上で燦然と輝きながら「美しさ」の名のもとで純粋に独立している。だからなのだ、そこには洋と対峙しながら美において共鳴する普遍を人は見る。「きものはドレス」という言葉は、そんな私の想いが込められている。服飾デザイナー渡辺雪三郎より

2006年07月03日

間口は狭くなっております。しかし奥行きがこんなに広くなっています。

be6c0f26.jpg 玄関から中に入ると母屋があり坪庭に架かる渡り廊下を奥に進むと、そこは素晴らしい商品が陳列された奥座敷になります。その作品の中から選ぶ訳ですがそこからが、当店の私が経験を生かしで商品を仕入れていますので他に無い逸品をお届けできるのです。

祇園祭がいよいよ開催される京都より

8eee5f43.jpg 京都の老舗問屋に新作きものの買い付けに来ています。建物が長い歴史を物語るかのように、暖簾と印旗が軒先にぶら下がる趣のある風情が漂う町屋です。こんな歴史のある問屋が、お客様にご満足いただける作品を多くの職人の手で製作しています。当店もお客様に納得のできるきものをお届けいたしますので、これからの三京にご期待下さい。

店主敬白
三坂功
埼玉県戸田市で呉服屋「三京」を経営しています。和をあなたの魅力にするそんな着物と着こなし方をお届けします。
月別記事一覧